本文へスキップ

自律神経失調症、うつ症状、パニック障害でお悩みの方に【おかやま代替療法専科】岡山市

ご予約・お問い合わせはTEL.086-238-4260

〒703-8252 岡山市中区中島87-10

お喜びの声④Testimonial Part4

お喜びの声をいただきました

パニック障害で外出できない、産後うつの併発、離人感(現実感消失、世界が色褪せて見える)、
不眠、起立性調節障害、微熱が続く、目眩、動悸、頭に血が上る、頭の締め付け、食欲が湧かない、などN.Fさま (30代 女性)

 産後から続く原因不明の体調不良を抱えながらも、それを放置して2年半程過ごしていました。外出先ではいつも目眩や動悸がして気分が悪くなることが多く、楽しいはずの家族旅行でもいつも不安が付きまとい、楽しめなくなっていました。徐々にスーパーや近場への外出でもパニック発作が出るようになり、かかりつけ医と相談しながら薬を飲まないで治す方法を選択し、1年かけてようやく克服してきたところに、また再発してしまいました。


その頃、偶然ネットで見つけたのが、おかやま代替療法専科です。初めての施術を受ける頃には、パニック障害からのうつ症状をはじめ、様々な症状に悩まされていました。特に怖かったのは発作時に自分が自分でないような感覚がする、離人感と呼ばれる症状で、それまで誰に話しても分かってもらえず、とても辛い日々を送っていました。

 こうした状態を是松先生に話したところ、ご自身の体験にも照らしすぐに理解して下さったことから、とても心強かったです。施術は、これまで受けてきた整体のイメージとは全く異なる体に負担のかからない内容であり、安心して受けることができました。


 およそ10か月間診て頂き、今は不安感や悩んでいた症状はほとんど、否、全くと言ってよいほどなくなりました。どんなに辛い時も、先生の「良くなりますよ」の一言に支えて頂いたおかげで、乗り越えられたと思います。本当にありがとうございました。




お喜びの声をいただきました

人に見られると手が震える、緊張で足が震える、社会不安障害、強い不安感、片頭痛、肩こり、
手汗がすごい、下痢が続く、などでお困りのK.Mさま(20代・女性)からの体験談

 私は中学2年生から、人に見られる場面や緊張した時の手の震えに悩まされていました。初めは、生理的なものだから仕方ないと考えていましたが、周りの人に手が震えていることを指摘された体験や、震えていることを馬鹿にされるような場面に遭遇したことにより、一層震えを意識し、緊張する場面を避けるようになっていました。

精神科を受診し、社会不安障害と診断され、抗うつ薬など数種類の薬をもらいました。しかし、薬を飲むと眠気におそわれ、ボーッとすることやこの先ずっと薬に頼り続けることに不安を感じていました。

この症状を根本から治す方法はないかとインターネットで調べている時に見つけたのが「おかやま代替療法専科」でした。先生は私の症状の経緯、現在の状態を詳細に把握するため丁寧に施術をし、熱心に話を聴いて下さいました。私は今まで、自分の症状をこんなにも細かくじっくりと聴いてくれる人に出会った事がなかったため、先生の熱心な姿勢を見て、通うことに決めました。
 
先生は緊張する場面に合った具体的なアドバイスをたくさんして下さいました。おかげで緊張に対する自分の捉え方や受止め方が変わり、自然と手の震えに対する意識も薄れていきました。

症状に悩まされだして以降、今が一番うまく緊張時の自分をコントロールできるようになりました。先生のおかげで、余計な心配や不安を感じずに毎日の生活ができるようになりました。

色々な事に挑戦していこうと思えるようになり、自分に自信がもてるようになりました。先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。





お喜びの声をいただきました

空腹なのに食欲がない、仕方なく食べる、すぐにお腹いっぱいになる、胃もたれ、動悸、酷い便秘、
嘔吐恐怖症、体が異常に冷える、波打つような目眩、何をやっても治らない、K.Eさま (30代 女性)

 転職し実家を出て一人暮らしを始め、深夜まで働いていた27歳の夏、突然食欲が無いことに気づきました。最初は夏バテかと思いましたが、良くなる気配がありません。無理に食べようとすると少量で胃もたれ、満腹になり酷い時は食べ物を前にするだけで動悸がしました。その頃、コーヒーを飲んでも動悸がしました。

 先輩と外食に行き、空腹状態で握り寿司3巻と鶏料理を少量食べただけで満腹になって気持ち悪くなり、酷い嘔吐恐怖症の私は、蒼白な顔色をしながら気を紛らわせていました。その後、外食先で気持ち悪くなることが怖くて、会社の飲み会であまり飲まず食わずでいたところ、上司に「休めば良かったのに」と言われ、場を白けさせました。旅先では旅館の方に「料理、お口に合いませんか」と問われ、残念な気持ちにさせてしまうなど、トラウマになっていました。

 友人と食事に行っても、食後気持ち悪くならないように少しずつ様子を見ながら食べ、気持ちが悪くなると気を紛らわすことに必死で、相手の話が全く入ってきません。人に会うと必ず、ランチでもお茶でも「飲べること」が付いてきます。無理にでも食べないとダメと言われたり、食欲が無くて羨ましいと言われる度に、友人に理解されず孤独感に浸りました。同世代の友人と会うのが辛く、食べることが苦痛で楽しめないことから、次第に人と会わなくなりました。

 食欲が無く、普通に食べられないことで生活の質は落ち、行動範囲も狭くなりました。もちろん、症状が出始めてすぐに何箇所もの病院へ行って、胃カメラ、腹部エコーや血液検査など種々検査を受けました。睡眠が浅いのではないかということで軽い睡眠薬を試し、また機能性ディスペプシアを疑い胃の動きを良くする薬も試しました。心療内科も何箇所か行きました。よく眠れるのでうつ病とも違い、痩せたい願望もないので拒食症とも違うため、病名が付かないままでした。病院の先生には「痩せない程度に食べて下さい」と言われるだけでした。食べることが苦痛で見ることも嫌だったため、それを治したいから受診したのにと不満に思いました。

 西洋医学がダメならということで、「食欲不振」で暇さえあれば検索し、鉄分不足を疑って鉄サプリメント、鍼灸や整体も数軒ずつ、運動すれば食欲が戻るか?と思いジム、ヨガやカウンセリング、心の問題か?と考え心理療法、セラピー、ヒーリングに、高い漢方薬も試しました。最初は希望と期待を持って始めるのですが、効果が無く、一つひとつつぶしていく度に絶望感でいっぱいになりました。

 あまりに「食欲」に注目し、食事の度に緊張し、起きている間ずっと症状を見張り続け、食に関わる仕事をしているのに、これでは失格と自身を追い詰める、まさに悪循環。リラックスしなければとリフレクソロジー、アロマ、景色を見たり、気晴らしの旅のはずが。ずっと症状を見張りながらの旅先では、ほとんど食べられず体力は無く、全く楽しむことも心から笑うこともありませんでした。思いつくことはとにかく手をつけました。本を出されている先生の高額なセラピーも受け、県外だろうが構わず心理学のセミナーを受けたりもしました。

 仕事のストレスはずっとあったため休職したかったのですが、一人暮らしのため家賃が払えない上に、実家はその頃環境が良くなかったので帰れませんでした。給料を「食欲を普通に戻すため」に何百万とつぎ込んだため、休むことも辞めることもできないまま働いていました。その間は、食べられるだけ少しずつ無理に食べていました。食べることがストレス、でもいつまでも食べないわけにもいかず、逃れられない苦痛で頭がおかしくなってきました。

 世界が灰色に見え、次の食事ができるかどうか以外、興味・関心がありませんでした。少ない燃料で働いていたので、日々余力は無く横になっていました。食後気持ち悪いので食事だけで横になりたいくらいに疲れるため、外出時は絶食していました。症状が出てから4、5年経ち限界を超えたまま働きる続けることが無理になり、退職を申し出たところ、休職の取扱い(辞令)になりました。

 丁度その頃、「自律神経」でネット検索をしていた時に、「おかやま代替療法専科」さんを見つけました。自律神経の整体は4、5年前にも他所に行きました。症状が改善された方の「お喜びの声」を読んでいると、食欲が無く食べられない方が改善されたという体験談が掲載されていました。藁にもすがる思いでしたが、期待するのは辞めました。期待の振り幅分絶望を感じる体験を何度もしましたので…。

 初めて是松先生にお会いした時、「良くなりますよ」とあっさり言われたように覚えています。正直「良くなる」というのは、他所で何度も聞いていたので、「喜んではいけない」と思いました。私の状態を診てから言われていたので、ホワイトボードにものすごく詳しく私の状態を書いて下さいました。今迄色々な所に行きましたが、ここまで詳しく説明されたのは初めてです。施術もよくある整体とも違い痛みなどは無く、それで何が分かるのですか?という感じですが、診ながら状態が何かをメモしていかれているようでした。

 胃もたれがどこから起きているか、空腹感があるのに食欲が湧かないのはなぜか、肩や背中の凝り、胃からきている話などをして下さいました。無理に食べなくていいとも言われ、サプリメント、プロテインを教えていただけたので気が楽になりました。それから定期的に通わせてもらい、胃もたれは分かりやすく改善し、食べられる量も増えました。外食もできるようになり、外食の回数を少しずつ増やしながら様子を見て、外食先で気持ち悪くなることがなくなりました。食欲も時間はかかりましたが、食べたい、美味しそうと思えるようになり、「食が進む」という感覚を取り戻してきました。

 今でもストレスを感じると食欲が無いかな?と思う時はありますが、また戻るだろうと思えるようになりました。私の場合、幼少期からのトラウマや実家の問題、自ら自分を追い込みプレッシャーをかけるところ、復職後のストレスもあり、症状が改善するまでに時間がかかり、酷い状態でした。考え方の癖など心理面のアドバイスもして下さり、とても話しやすく、今もメンテナンスのために定期的に通っています。

 私のガチガチに固まった内臓もほぐれて動きやすくなりました。食欲以外の事も考えられ、他の事にお金を使える、幸せなことです。体の悩み、痛みや症状は逃げ場が無く、向き合わざるを得ない苦しみです。心にも負担がかかります。

 症状が改善した今、あの時諦めなく良かったと思います。どこへ行っても原因も治療法もはっきりしませんでしたが、そんな私でも改善しました。食欲の他にも、左腕に車がぶつかってきて、何か月も経ってから痛みが出ましたが、1、2度の施術ですっかり痛みが無くなり、忘れていたくらいです。

 何かあった時に頼れる駆け込み寺があるのは心強いです。いつもありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。





お喜びの声をいただきました

非常に強い不安感が続く、胸が締め付けられる、睡眠障害、後悔の念に駆られる、過度の依存、
信仰や先祖にまつわる強い罪悪感、幻視したものが頭から離れない、などK.Kさま (50代 女性)

 私は子どものため、夫に怒られないようにと、仕事も責任のあることをしていたため、力を抜くことなく寝るのも惜しんで突っ走っていましたが、子どもが大学受験2カ月前にクラスメイトとのトラブルがもとで、勉強ができなくなってしまいました。

 それまで成績も良かったので、私も大ショックを受けて、1日でも早くなんとかしないとと焦り、いろいろな人に相談したり、もともと占い、見えない世界に依存していたので、それらにも走り冷静な判断力を失って、手あたり次第に願書を出して受験させ、考えてもいなかった学校への入学となりました。

 そのことを無理に納得しようとするうちに、いろいろな場面で後悔の念が強くなり、不眠やパニックがひどくなり、仕事どころではなくなりました。更に長い間、自分の宗教以外にまで入信したことで、先祖を裏切ってしまった念も強くなり、それを背負って生きることや死ぬことも怖くなって、毎日それらのことばかり考え生きる力もなくなってしまいました。

 こうした状況から抜け出したいと医療情報を集めていく中、先生の施術を知りすがる思いで頼ることにしました。初めの3回位はカウンセリングで、4回目位から話のあと治療がスタート。不思議なことに、それまでは胸がギュッとなり、いても立ってもいられない状態が日常頻繁に起こっていましたが、その1回でなくなりました。

 続けて通ううちに、つらい現実も受け止められ、日常生活を取り戻すことができるようになっただけでなく、習慣化していた過度な依存症、至上主義や思い込みさえも和らぎました。そして、今までのことを受け止めながら、人や占い、見えないものにも依存しないでいろいろ考慮し、取捨選択していく力(勇気)が備わったことが何よりもうれしく思います。

 先生は初めから、そのようになると言われていましたが…、すごいです。実を言うと、こちらに通う前、以前通っていた整体院に「何とかならないか」と電話で相談したものの、先方では手の負えないと思われたのか、途中で一方的に電話を切られました。

 是松先生は、しっかりと受け・支えてくださり、治療してくださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。





お喜びの声をいただきました

高速道路走行中のパニック発作、満員電車に乗れない、常に強い緊張感、
強いゾワゾワ感、首や腰が詰まった感じ、下痢、背筋がピリピリする、など (40代 男性)

 4年ほど前、高速道路を走行中に、突然激しい動悸が起こり、このまま死んでしまうんじゃないかという不安な気持ちに襲われました。その後、満員電車など人が多く集まる場所で、同じ症状が出るようになりました。
 
 初めは心臓の疾患かなと思い、病院の検査を受けましたが異常はありませんでした。その後、パニック障害ということが分かり、心療内科で薬を処方してもらうようになりました。しかしなんとなく、安定剤を飲み続けるのは良くないなと考え、ネット検索をしていくうちに、是松先生と出会うことができました。

 施術を受けていくごとに、症状が改善していきました。現在は安定剤を飲まずに車の運転もできるし、日常生活も送れています。私にとって一番大きかったことは、是松先生としっかり話ができたことだと思います。

 先生には人間関係、仕事や家庭のことなどどんなことでも話をして、そのすべてを真剣に聴いてくださり、しかも一緒に解決策を考えて頂きました。お若いのに、相当の知識と経験を体得された素晴らしい先生だと思います。

 是松先生にお会いできて本当に良かったです。ありがとうございました。今後もお世話になることがあると思いますが、よろしくお願いします。



お喜びの声をいただきました

チック症、強迫性障害、幻聴、汚い言葉を言い続けてしまう(汚言症)、唸り声をあげる、
ひょんぴょん飛び跳ねる、体を前後に揺らす、足の裏が多汗、などY.Iさま (10代 女性)

 ≪ チック症・不安症 ≫

 知的障害のある娘は高校を支援学校に進み、1年生の秋頃に突然、奇声やうなり声が出始め、診療科に行きました。そこでは薬を出されるだけで、なかなか良くもならず、2年生の学外実習で症状はひどくなり、飛んだり跳ねたり、体を前後に動かしたり、汚言まで出てきました。
 
 私は途方にくれ、何か方法はないものかとインターネットで検索していくと、おかやま代替療法専科にたどりつきました。そこには色々な方のお喜びの声が掲載されてあり、すぐに電話をかけました。しかし予約は2か月ほど先とのことで、暗い気持ちで待つ間何度もホームページを開いて、お喜びの声を読んで過ごしたのを覚えています。

 1回目、子どもの体のチェック・心理療法のようなことをしてくださり、本当にこれで良くなるのかなと思いましたが、是松先生の言葉は私の不安を取り除くようなしっかりとした説明で、『この先生なら治してくれるかも』と思いました。

 3回の施術を終え、音声チックはありましたが、不思議と飛んだり跳ねたりすることはなくなりました。その後何回か施術してもらうと、あれ? 最近、音声チック少なくなってる? 先生とお話しすることで、私の不安を取り除いてもらっているような感覚。実は私が通院しているのでは? と思ったりもします。

 予約がなかなか取れないのは残念で待ち遠しいですが、知的障害があっても、やさしく説明・施術してくださる先生にとても感謝しています。ありがとうございました。




お喜びの声をいただきました

起立性調節障害で朝起きられない(OD)、登校ができない、自律神経失調症による血圧の低下、
ひどい立ちくらみのような目眩、ずっと頭が痛い、体がだるい、などJ.Yさま (10代 男性)

私は中学2年生の冬に「起立性調節障害(OD)」という病気になりました。この病気になったことで、自律神経が乱れて血圧が下がってしまい、朝起きることができなかったり、長時間立っていると気持ちが悪くなったりする症状が起こりました。

 その症状により、学校に行きたくても行けなくなり、ほとんど寝たまま家で過ごすことが多くなりました。1ヵ月経っても2ヵ月経っても体調が良くなることはなく、2年生の3学期の間は、ほとんど学校に行くことなくそのまま3年生に進級することになりましたが、3年生でも欠席が多く、学校に行けても遅刻して行ったりで、朝から行ける日はほとんどありませんでした。高校生になっても、欠席や遅刻が多く単位を落とす可能性もでてきて、無事に進級・卒業できるか不安でいっぱいでした。

 そんな時知人の紹介で、高校1年生の途中から「おかやま代替療法専科」に通うようになりました。最初に行ったときも、体調がとても悪い時期で学校を休んでいました。初めに軽く自分の症状を先生に話して、身体のどこが弱っているかの検査を受けました。こんなので分かるのかなって感じのやり方でしたが、自分もすぐにその内容を理解できたので、びっくりと同時に笑いが出るほどでした。

 そのあと施術をしてもらい、帰る時には頭の痛みがとれて頭が軽く感じました。それから間隔を空けて通うようになり、徐々に体調も良くなっていきました。先生はとても優しく、施術だけでなく話を聴いてくれたり、自分の病気をより良く知るために病気のことを詳しく教えてくれたり、普段の生活で気をつけることを指導してくれたり、たくさんの面で力になってくださって、とても感謝しています。

 先生のおかげで、今では起立性調節障害もどんどん良くなり、病気になる前と同様に生活できています。そして、高校を無事卒業できるか心配した自分が、夢であった教師になるための国公立教育学部を受験し、無事合格できました。4月から大学生として、教師を目指して勉学に励みたいと思います。

 是松先生と出会うことができて本当に良かったです。これからも先生がアドバイスしてくださった生活習慣や食生活に十分注意して頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました!!



お喜びの声をいただきました

10年続いたひどいあがり症、人前で話すことができない、喉が詰まって声が出ない、息苦しい、
雨の日に体調が悪くなる、動悸を頻発する、首肩背中腰が痛い、などM.Tさま (40代 女性)

 私はセミナーや人前で話す仕事をしていますが、10年前に突然、会場に居ることさえ辛く、とても人前で話などできない症状におそわれたことから、その治療のため数々の心療内科を受診し、薬を飲んでいました。

 仕事上、人前で話すことが不可避であったため、強い薬を飲みながら参加していましたが、セミナー中は眠気におそわれ、翌日には記憶が無くなったり、身体と心の回復に何日もかかるなど…、そんな苦痛の日々を送っていました。

 担当医からは「人前に出る仕事はしばらくお休みしてください」と言われましたが、仕事を続けるため悩み、新たな治療先をインターネットで調べるうち、口コミ内容の良さにも惹かれて、是松先生のお世話になることにしました。

 先生が優しい口調で、症状などをしっかり聴いてくださるうち、すぐに緊張がとれました。そして、今の状態、原因、改善方法などを、いつも分かりやすく説明してくださり、カウンセリングと穏やかな施術で毎回心も体も軽くなり、通うのが楽しみでした。

 そのうえ、色々な体の不調に関する相談にものっていただけるので安心でした。気がつけばあれほど辛かった症状はかなり改善し、やがて人前でも話せるようになりました。周りの方々からも元気になったねと言われます。

 是松先生は「きっと良くなりますよ」といつも私を勇気づけ、心に寄りそった施術をしてくださり、本当に感謝しております。またお世話になることもあると思いますが、その節にはよろしくお願いします。




お喜びの声をいただきました

10年前から常時息が浅い感じがする、呼吸苦、首から肩甲骨にかけて強い張り、ずっと倦怠感がある
気分の落ち込みが激しい、一人でいると思い詰めてしまう、などT.Nさま (30代 男性)

 過去10年程前から、自律神経の問題だと思いますが、呼吸苦、ほぼ常時呼吸が浅い感じと軽度の吐き気、首からの肩甲骨の張りや背中までだるい等の症状に悩まされていました。1年前までは、抗不安薬や漢方薬を病院で処方してもらい、ある程度症状は治まっておりました。しかしこのところ、仕事のストレスで再度症状がひどくなり、気分の落ち込みや不安感、気持ちの面で何をしても純粋に楽しめなくなってしまいました。

 そこで、良いクリニックを探している中、是松先生の施術内容をネットで見つけ予約を行いました。施術中に少し軽く手で触られる程度でしたが、私の身体のどこに異常があるのか、初回の施術により見つけて下さいました。

 身体と脳への信号機能に問題があるとのことで、施術・調整をして下さることで、施術が終わるとリラックスした状態になっており、とても不思議な思いでした。

 施術回数の3回目から、呼吸苦が気にならなくなってきて、また自身のストレスに対するアプローチ、アドバイスも頂くことで、仕事上でのストレスからの症状であることも発見できました。身体のだるさも4回目には軽減しており、気持ちも前向きになってきました。

是松先生、有難うございました。




お喜びの声をいただきました

起き上がれないほどの鋭い腰の痛み、左臀部の酷い痛み、左腎が重痛い、常に便がコロコロ、
人間関係のストレス、甘いものを過食してしまう、肥満を改善したい、などS.Sさま (60代 女性)

是松先生の施術を受け始めて、ちょうど1年になります。
この1年で、私の身体も心も大きく変わりました。

【身体の変化について】
 2015年8月夜、突然起き上がれなくなり、腰のあたりが痛くて、全く動けなくなりました。仕事を休むことはできないので、朝、痛さをこらえて無理やり何とか起きて、立ち上がれるようにソファーで寝ました。翌日は身体を引きずりながら出勤しました。

 それからというもの、何がきっかけかはよくわかりませんが鋭い痛みが起こるようになりました。整形外科へ行っても、レントゲンを撮って、シップをくれるだけです。痛みは1週間ぐらいで治まるものの、腰をかばう生活が続きました。

 2020年2月15日、また腰が痛くなり、1か月半が過ぎても痛みが治りません。仕事も残業続きで、ずっと同じ姿勢で座ったままパソコンを使っているため、なおさら良くない状態は続きました。何故痛みが続くのか、これから先も腰痛にならないよう気をつけて生活しなければならないのか等々、憂鬱になりため息ばかりでした。

 3月25日、友人から是松先生を紹介してもらい、その日に電話して、6月に予約が取れました。友人が、「先々のことを考えて、メンテナンスできる先生が一人いると安心だよ。1・2回目は不調箇所はどこなのかチェックみたいなもので、1回で即座に変わるものではないけど、先生のお見立ては正しいと思っているから」という言葉を信じて、3か月先の予約でしたが心待ちにしていました。

 6月の1回目。初めに症状を詳しく聴いてくださり、脳や自律神経のこと、施術の説明をしてくださいました。その内容を聞いて、これならきっと良くなるのではないかと確信しました。友人に聞いていたとおり、施術も本当に軽いもので、不思議な感じでしたが、現在の自分の身体の状態(なんと腰痛ではなく、左臀部の痛みでした)、筋肉がうまく使えているか、どうして痛みが出るのか、弱っている部分はどこかなどを詳しく知ることができ、先生の施術を受けることで、(これで良くなるんだ)と、うれしくなりました。

 2回目の施術の前には、痛みが半分ぐらいになっていることを改めて実感しました。
3回目の施術前には、痛みはほとんどなくなっていたのです。3回目以降、
 ・鋭い腰の痛み  ・左臀部の酷い痛み  ・左腎が重痛い  ・常に便がころころ
などの最初の症状がどれも改善していました。

 是松先生からは、食事のアドバイスもいただき、実践しています。食事と運動で、1年で12kgの減量に成功しました。リバウンドすることもなく、今も少しずつ減っています。

 【心の変化について】
 3回目(7月)の施術の時に、先生は何かを感じとってくださったのしょう。「何でも話してくださいね。何でも聴きますよ」と言ってくださったこともあり、私は身体以外の現在の状況を全てお話したのです。
 
 夫のモラハラ、出会い系サイトで女性にお金をつぎ込むなどにより、夫婦の関係は15年以上も破綻しています。口もきかず、まるでシェアハウスで暮らしているかのようです。そのため、世間から見たら非難されるかもしれませんが、14年間交際している彼がいました。家を出て彼と一緒に暮らした期間は7年間、今は自宅に戻っています。

 昨年のコロナの影響で、会う回数が減り、毎日電話で話はしていましたが、日曜だけは何故か連絡が取れなくなったのです。女の勘で(これはおかしいな)と、問い詰めたところ、その彼が他の女性と交際しており、一緒の暮らしていることが発覚したのです。それも、昨年1月頃からまんまと騙されていたのです。これからどうするのかと聞いたら、「両方と続ける。今までどおり」と答えたのです。私は開いた口がふさがりませんでした。

 いずれは夫と離婚して、彼とは結婚はしませんがこれから先の人生、共に歩んでいくパートナーだと思っていました。その彼がずっと噓をついて裏切っていたのです。何日も眠れぬ日々が続き、仕事が終わり家に帰るともやもやした気持ちばかりが募って、身の置き場は無く、どうしようもない自分がいました。

 そんな精神状態の話を是松先生に聞いてもらい、だいぶん楽になりました。毎回「どうなりましたか?」と、話を聴いてくださり、その都度くださるアドバイスに何度助けられたことでしょうか。

特に、先生に感謝していることがあります。その日は、どうしようもなく辛くて辛くて落ち込んでいる日でした。キャンセル待ちをしていたのですが、その夜に「翌日空き時間ができましたが、どうですか?」とメール連絡をいただきました。なんというタイミングでしょう、涙が出ました。

仕事中の時間帯でしたが、行きたくて外出許可をもらって施術を受けに行きました。その日からでしょうか、不思議と前向きに考えられるようになったというか、気持ちが落ち着き始めました。

 心にいろんな葛藤はありましたが、別れて新しく自分を始めようと決められたのも、是松先生のおかげです。先生は「悪い魔法がとけたみたいですね」と言ってくださり、本当にあんなに固執し、苦悩していた私は、どこに行ったのかなと、今は思えます。話を聞いてもらいそのアドバイスによって、本当は自分がどうしたいのかということを考え、決意することができたのです。(別れた彼は今年、慢性骨髄性白血病を発症し闘病生活を送っているそうです。因果応報など思ったことも自戒し、今は回復を願っています)

 現在私は、1か月半から2か月のペースで先生に施術してもらっています。毎回、調子の悪い所、気になる所を診てもらうことで、安心できます。また、仕事の悩みも聞いていただきアドバイスをもらいます。施術のたびに身体と心を整えることができるので、私の大切な大切な時間となっています。さあ、また頑張ろうという気持ちになれるのです。

 是松先生、紹介してくれた友人には、本当に感謝しています。いろんなことでお悩みの方、一度相談をしてみてください。きっと、身体の不調が治り、悩みも解決するなどして、日常生活は好転していくことと思います。私もこんなに変われたのですから。






お喜びの声をいただきました

意識が飛びそうになるめまい、強く首が痛む、動けないほど体がだるい、胃の不快感
回転性めまい、音が響く、聴覚過敏、耳が詰まる、身体中のジクジクした痛み、
次から次へと出てくる自律神経症状、などT.Oさま(60代 女性)

【先生、大変遅くなり申しわけありません
書きたい事がいっぱいありすぎて悪戦苦闘しました】 

私が初めて是松先生に診ていただいたのは、5年前。

 母の納骨後、突然のめまい、首の痛みが…今までに経験したことのない、ひどいものでした。身体は急にだるくなり、動けなくなりました。それでもなんとか仕事に出かけ、良くなる日を待っていました。

 しかし、ひとつの症状がなくなると、次は身体中のジクジクした痛みが現われる。
その後、回転性のめまい、聴覚過敏と次々と新しい苦痛が現われる。こんな不思議な症状をかかえて、病院へ行っても異常は見つからずじまい、毎回“薬だけで様子見”、その日々を変えたくて是松先生を訪ねました。

 初回の自律神経の検査では多くの異常が見つかりました。治療は不思議な感じでしたが、なぜかすんなりと受けとめられました。それは先生の、私の体調についての事細かな問診とその説明にあったからだと思います。

 普段は家族にも弱音を見せない、苦しくても助けてとも言えない私が、先生の前では本音で話せました。必ず治そうとしてくださる先生の姿勢は、5年間少しも変わりませんでした。

 現在、不安は全くありません。不調な時も冷静に、どんっ!と構えて、その波が治まるのを待っていられる。 “病気じゃない、大丈夫” その言葉が私を支えてくれました。
あきらめないでよかった。今は、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 今の私は、以前の私と何かが変わった気がします(60才過ぎても変われるんだ~)
先生が言われていたように、心の中の頑固な塊は砕け、ずいぶん軽くなった感じです。

 ちなみに、先生にご心配頂いた子供達は元気に暮らし、いろいろな困難も徐々に解決しています。そうしたおかげで孫達の姿からも元気をもらえています。

 5年間色々とお付き合い合いくださり、本当にありがとうございました。また予約させて頂きます。

PS 私“畑作り”始めました!!




お喜びの声をいただきました

原因不明の微熱が続く、頭がシャキッとしない、食欲がない、動悸、寝汗、
ずっと不安な事を考えてしまう、体がしんどくて運動できない、などR.Oさま(20代 男性)

 去年の出来事です。最初は熱から始まり、いつもと同じ熱だろうと思っていました。しかし微熱が収まらず、次第に食欲がなくなったり、頭がシャキッとしなくなってきたことなどから、自分の身体が心配になりました。
 
 そこで、インターネット検索していくと、動悸、寝汗、頭が重くて不安なことを考えるなど、自分の症状と類似点の多い病気が見つかったため、自分がこの病気ではと思い込み、段々不安は増すばかりでした。

 病院でMRIも撮りましたが、異常はなく辛い日々が続いていました。その後家族の紹介で、おかやま代替療法専科を知りました。予約をとり施術をしてもらうにつれて、あの辛かった症状はすっかり良くなって、今では楽しい日々を過ごしています。

 是松先生と出会い本当に感謝しています。ありがとうございました。今苦しんで日々過ごしておられる方々も決してあきらめないで、先生に相談したり施術を受けるなどして、症状の改善に努められることをお勧めします。

 大好きなスポーツも今では週2~3回も激しいレベルですることができるようになりました。何よりも、本当に毎日のものすごいストレスと苦痛から解放されたことが本当に嬉しいです。

 来院を紹介下さった方、及び、是松先生には、心の底から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。





お喜びの声をいただきました

頭が強く痛む、寝入りが極端に悪い、起床時に起き上がることができない(OD・起立性調節障害)、
体が異常に浮腫む、フワフワする目眩、人と話すのが苦痛に感じる、などK.Kさま(10代 男性)

 私は小学校の頃から、立ちくらみのような目まいや朝がつらかったり、夜眠れないことがあり、中学に上がるにつれ症状がひどくなって、学校に行けない日が出てくるほどでした。

 そんな中、親から「おかやま代替療法専科」を奨められ、施術に行き始めました。最初は、本当にこれで治るのだろうか不安で疑心暗鬼になっていましたが、2回、3回と施術を重ねていくうちに、どんどん体が楽になり症状が和らいでいきました。

 立ちくらみや朝のつらさなど正直治るものじゃないと思っていましたが、みるみる症状が減っていったことにおどろき、とても嬉しいです。

 先生が熱心に話を聴いてくれて、私達の症状や体調に合った施術を行い改善してくれるおかげで、体だけでなく心も元気になっていきます。是松先生、今回は本当にありがとうございました。






お喜びの声をいただきました

高校入試直前なのに緊張型頭痛と倦怠感で朝起きられないため学校にいけない、首と肩が強く張る、血圧が高い、微熱が続く、トイレに何回行っても残尿感がある、などS.Sさま(10代 男性)

当時中学3年生だった息子は、夏休み明けの9月初旬、朝起きて頭が痛いと言うので、学校を休ませました。熱もなく、他に症状も診られなかったため、暑さの疲れが出たのかなくらいに考えていました。翌日も朝起きて頭が痛いと言い、その時は微熱があったので、自宅近くの内科を受診しました。発熱の原因は分からないが、風邪症状に因るものだろうとのことだったので、様子を見ることにしました。

 3日間学校を休みましたが、調子が良くなり登校ができるようになったので、治ったのかなと思っていたら、翌週もまた、頭痛で起きられなくなりました。頭に何か原因があるのではと、脳神経外科を受診し、MRI等の検査を受けましたが、特に異常はなく、肩や首の張りからくる緊張性頭痛だろうと言われました。

 そこでのリハビリをすすめられ、しばらく通いましたが変化はなく、学校も行ったり休んだりの日々が続きました。その後も、別の脳神経外科を受診して検査を受けたり、小児科を受診して血圧を上げる薬を飲んだり、整骨院へ通ったりもしましたが、症状は良くなりませんでした。朝は、頭痛で起きられず、午後になると起きて動けるような状態が続き、学校は午後から短時間だけ保健室へ登校するという毎日でした。

 受験を控えて途方に暮れていたのですが、12月の初旬ごろ、友人から是松先生のことを教えてもらいました。友人のお母様が、先生の所に通われて不眠が良くなったとのことで、その友人のお母様がすぐに先生にアポを取って下さり、電話で先生と息子の状態についてお話しすることができました。

 先生は、息子の不調の原因を詳しく説明され、「良くなりますよ」と言って下さいました。そして、息子の受験日程を確認された上で、試験を受けることができるよう調整した予約日を入れて下さいました。最初の予約日までは2か月半くらいあり、その間息子の体調は変わりませんでしたが、先生に診ていただいたらきっと良くなると信じて、予約の日を待ちました。

 初回、先生は丁寧に話を聴いて下さり、息子の体の不調について詳しく説明して下さいました。その時、施術を受けた直後は体調の変化はあまり見られませんでしたが、その5日後に2回目の施術を、さらにその4日後に3回の施術を受けたところ、朝起きられるようになり、なんと予定していた高校の入試を受けることができました!!

 そして無事に高校に入学し最初の1か月くらいは体調を崩すことなく登校できていました。ところが5月の連休明けに、再び朝、頭痛で起きられなくなりました。また、以前のような状態になっているのではないかと心配になり、先生に連絡したところ予約を調整して下さり、1週間後に施術を受けた結果、またすぐに朝起きられるようになりました!

 その後は、体調を維持しつつ、2回ほど施術をしていただき、現在も体調は安定しています。先生から、何かあればいつでも連絡を下さいと、お言葉をかけていただき、もしまた、起きられなくなっても、先生に診ていただければ大丈夫という強い安心感があります。

 先生に診ていただく前は、朝起きられない状態が一体いつまで続くのだろうかと、とても不安な日々でしたが、先生から温かいお言葉をかけていただき、息子が元気に過ごせるよう体調を整えていただいて、先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

 息子と同じような症状でお困りの方に、少しでも参考になりましたら幸いです。




お喜びの声をいただきました

心気症、ひどく喉が詰まる(ヒステリー球)、繰り返し扁桃腺が腫れる、異常に音に敏感(感覚過敏)、
呼吸をすると胸がざわざわする、うつ病や統合失調症になりそうで不安、などK.Sさま(20代 男性)

 約3か月間、扁桃腺を発症し、治りかけては再発するというのを繰り返して、色々自分の病気の事を調べるようになり、自分は実はこういう病気なのかもしれないと思案する内に、心気症という病気を発症してしまいました。

 薬で治すのは依存が怖かったので、ネットで漢方や整体について色々と探したところ、おかやま代替療法専科に辿り着きました。色んな人の喜びの声をHPで見て、ここなら治る!と思い、通う事を決めました。

 是松先生は、自律神経や様々な体の不調の理由に詳しい方で、一番驚いたのは、自律神経の検査、診察の過程で「胃に通じている神経が機能していません」と明確に説明された後、ものの数十秒の施術で神経を活動(機能)させてくれました。

 今では心気症の症状もほぼ無くなり、平穏な毎日を過ごせています。これからも、体のメンテナンスのため通っていく予定なので、よろしくお願いします。




お喜びの声をいただきました

パニック障害、極端な体力の低下、少し歩くのもしんどい、喋ることができないほど息苦しい、
不整脈、副腎疲労症候群、異常な恐怖感に襲われる、などY.Kさま(40代 女性)
 
 私は20代半ばにパニック症と診断され、それ以来、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返してきました。小康状態が何年か続いた後、急に症状がぶり返すなど、ずっとどこかに緊張と不安を抱えていたように思います。

 そんな中、数年前から体力の低下が著しく、自転車を押しながら話していると息切れしたりと、自分でもおかしいな、年のせいかなとも思いつつ、病院へ行っても「不整脈はあるが、心配するほどのことではなく、大丈夫です」という感じでした。

 だましだまし何とか日常生活を送っていたのですが、一昨年の夏ついに、強い日差し、暑さにあり得ないほど弱くなり、体力もドーンと落ちて、ほんの数メートル歩くのがやっとの状態になってしまいました。病院での血液検査では、コルチゾールの出が悪くなっているのが分かりました。それと合わせてパニックの方も急に悪くなり、すごく辛かったです。

 そんな時、なんとか楽になりたくて、ネットで探していて、おかやま代替療法専科に辿り着きました。すぐに電話してみましたが3か月待ちでした。すごくきつかったのですが、栄養療法や精神科へも通院しながら待ってみることにしました。

 やっと迎えた初日、先生の「大丈夫、治りますよ」という力強い言葉と丁寧な説明に「私、治るわ、大丈夫だ!」と思えて、本当に嬉しかったです。すごく不思議な今まで受けたことのない施術でしたが、1回目の施術の後、どんどん体が元気になっていくのが分かりました。すごく嬉しかったです。

 半年ほど通ううちに、心も身体もかなり楽になりました。薬の減薬、断薬をスタートし、すべてゼロになるまで半年以上かかりましたが、無理なくやめることが出来ました。こちらへ通っていなかったら、回復はなかなか難しかったと思います。

 知らぬ間に受けているストレスやなんやかんやも体調に出る前に、調整して頂けて、そのうち次第にストレスを受けてもそんなにダメージにならなくなってくるというか‥‥。

 先生は、施術もすごいですが、本当にいろいろな事に詳しく、的確なアドバイスをいただき本当に助けられました。時間はかかりましたが、今では働きに出られるほどに回復し、体力的にも精神的にも本当に楽で、毎日が楽しいです。先生に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。



お喜びの声をいただきました

職場ストレスによる適応障害、意識が飛びそうになる、不眠、食欲不振、めまい、頭痛、倦怠感、
耳鳴り、常に腰がだるい、強い吐き気、などK.Mさま(20歳 女性)

 1年前に、仕事のストレスから適応障害と診断されました。診断を受ける前から、不眠や食欲不振、めまいなどの不調があり、頭痛や体のだるさ、耳鳴りまでひどくなり仕事に行くことができなくなりました。

 そんな時、是松先生を紹介してもらいました。かなり気分が落ち込んでいる状態での施術だったので、最初は正直、行くことに躊躇いがありました。しかし、先生に会って話を聞いてもらい、頭やストレスでダメージを受けていた所を施術でほぐしてもらうと、ずっと不眠で悩んでいたのに、その日、12時間もの睡眠をとることができました。すごく驚くと同時に、嬉しさから感動したのを覚えています。

 自分の体の状態がどうなっているのかを毎回、細かく教えて下さることも私にとって、とても良いものでした。年中悩まされていた腰痛や首のこり(痛み)も、どうしても治らないとものと思い込み意識していませんでした。しかし実は、それらもストレスからくる不調だと教えてもらうことができ、治るものなんだと知った時はとても嬉しかったです。また、丁寧なカウンセリングもして下さり、私の話から原因を探って、自分が一番楽に道(療法)を出して下さることも私が元気になるための救いとなりました。

 今では、不調が全くと言っていい程、治まり落ち着いた状態にあり、時に不調が出た時も、あぁそうだ、今自分の体はこうなっているんだな、と自分の体の状態が理解できるようになりました。次のステップへ進むために、力を与えて下さった先生にとても感謝しています。ありがとうございました。




お喜びの声をいただきました

5年間続くパニック障害、人ごみで視界が白くなる(霧視)、手汗が激しい、遠出ができない、
強烈な恐怖感、激しく続く動悸、乗り物に乗れない、トンネルが怖い、などT.Aさま(30代 男性)

 5年ほど前の夏、外出時に突然、動悸と全身の血の気が引いていき、気を失う寸前の状態になりました。それ以降、人混みや自分でコントロール出来ない乗り物に乗ると「またあの時のようになったら…」という予期不安が続きました。

 精神内科に通い、ある程度症状のコントロールは出来るようになりましたが、今度は「薬が無くなったらどうしよう」という不安に駆られるようになり、何とかならないものかと模索していたところ、インターネットでおかやま代替療法専科を見つけて予約をしました。

 先生はとても話をしやすい方で、私が困っている事をちゃんと汲みとってくださり、4回目の施術を受けた辺りから、薬が無くても人混みや乗り物を気にすることなく、色々な事に対応出来るようになりました。また施術以外にも、もし不安な状態になった時には、こうすれば良いなどのアドバイスを頂き、とても心強かったです。

 今までは何をするにも「またあの時のようになってしまったらどうしよう…」と、心から楽しめない事が多かったのですが、今では不安を忘れて楽しめるようになりました。先生にとても感謝しております。ありがとうございました。




お喜びの声をいただきました

10年以上前から繰り返す腰椎椎間板ヘルニア、2回の入院手術でも治らない、楽な姿勢がない痛み、
松葉杖なしでは歩けない、お尻から足先までの激しい痛み、座ることすらできない、
などK.Sさま(40代 男性)
 
私は、10年程前から腰椎椎間板ヘルニアで苦しんでいました。手術も二度の経験があり、三度目の発症。もちろん手術に至るまでに整体、整骨院、整形外科、ペインクリニックなどで色々な治療を試みました。週に一度の硬膜外ブロック注射も効かず、総合病院を紹介され手術を受けました。痛みの症状は、腰に刺すような痛みと、お尻から足先までの激しい痛み(初めは痺れ)。そして歩行困難となり、ひどくなれば座ることすらできないという状況でした。

 一、二度目の手術は、内視鏡手術で傷口も小さくて済みましたが、三度目の手術ともなると、以前の手術箇所が癒着しているため切開手術になるだろうとのことでした。そうなると入院期間も長くなり、再発もあるかもしれないと言われ、手術を受けるかどうか悩んでいたところでした。

 そんな時に、友人から是松先生のことを紹介してもらい、ダメ元で受診することにしてみました。因みに当時は、松葉杖なしでは歩けない状態でした。先生は、そんな状態の私を見て「大丈夫です。良くなりますよ。」と言ってくれました。

 最初に体の状態の説明や診療方針などを丁寧に分かりやすく教えて下さり、五回目位の治療から改善していくとのことでした。半信半疑でしたが、治療を重ねる度に腰の状態が本当に良くなっていきました。私にとって、手術以外で初めての症状改善でした。現在は、激しい痛みが出ることもなくなり、二、三か月に一度通院してメンテナンスをして頂いています。腰痛で悩まれている方にお勧めします。




お喜びの声をいただきました

幼少期から常に体調が悪い、目の前が真っ暗になる様なめまい、音が聞こえなくなる、
便秘と下痢を繰り返す、生理不順が酷く50日間出血が続く、ひどい頭痛、気を失いそうになる
などN.Oさま(20代 女性)

 子供の頃から「体調が悪いこと」が自分の中で当たり前のことでした。腹痛や体のだるさに加えて生理不順による貧血も起き、鉄分注射を毎週のように打ってなんとか持ちこたえていた時期もありました。体調は悪くても、私の性格は一見ポジティブで、常に色々なことに挑戦したいタイプ。そのため、大学では「やりたいこと」と「出来ること」の差に悩みました。

 日中は元気に振舞っても夜には訳もなく心が荒れて号泣したり、県外での催事に参加しようと乗った新幹線で気を失いかけて、JRの医務室にお世話になったりなど、激しい日々が続いていました。胃を壊すのもよくあること。周りのみんなが元気でも、私だけは元気になれない人間だと思っていました。就職活動を控えた頃、自律神経失調症だということが分かりました。

 そんな時、是松先生の診療を見つけてきてくれたのは母でした。最初の3回位は症状の治りはスローペースでしたが、先生が説明して下さる体の構造の話や、実際に施術で体が軽くなっていくこと、安心感や納得感が持てました。親身に向き合って下さるので、不安になることは一度もないまま、次第にどんどん調子が整うのを実感。数か月経った頃、施術後に完全に体がスッキリした日があり、その日から安定して健康でいられるようになりました。

 「元気になれるんだ!」と嬉しくなり、調子を維持するために友達を巻き込んで毎日ヨガ会を開催するなど、好循環が生まれるようになりました。就職活動も、体調不良のせいで何かを諦めるということなく、無事に成功しました。当たり前だと思っていた体調不良は当たり前ではなく、私にも健康な状態があるのだと分かったことがとても嬉しいです。先生に快方へ促してもらったことで、後は自分で自分をコントロール出来そうだという自信が湧いています。是松先生の施術に巡り会えてよかったです!




お喜びの声をいただきました

パニック発作、焦点が定まらない、手足が痺れる、頭に輪っかがはまった感覚、
家族からの束縛、バキバキに肩がこる、頭痛持ち、などY.Iさま(20代 女性)

 2年前に強い不安感があり、メンタルクリニックに通院していました。薬で症状を抑えたり依存する事が怖かったので、何か根本的な治療は無いかとネットで調べ「おかやま代替療法専科」様と出会いました。

 全く痛くない施術で、効果があるのか半信半疑でしたが、結果的に今現在、約1年間パニック発作が出ておらず、普通の生活が出来ています。他にも頭痛持ちで2、3日に一度は薬を飲んでいたのですが、今では年に一度飲むか飲まないかまでになりました。

 考え方がネガティブでマイナス思考な私に対しても、育った環境のせいだと肯定して下さり、通院前と今では、周囲に対してや自分に対しての考え方もいろいろと変わりました。

 もしも、この代替療法に出会えてなければ、自分は今でも、家族から束縛や指図を受けるような形での生活ぶりを続けていたと思います。

 自分のやりたい事や目標をみつける事も出来て、楽しく生活を送れるようになり本当に嬉しいです。ありがとうございました!




お喜びの声をいただきました

夕方になるといつも憂鬱で気分が落ち込んでしまう、肩甲骨周囲と背中の重いコリ感、
人と会うのがおっくうに感じる、などO.Eさま(60代 女性)

― 今の私の心に満ちているもの ―
 おかやま代替療法専科に通い始めた頃の私は、なぜか、大きな悩みもないのに、日々浮かない気持ちに悩まされていた。体のどこが痛いとか不自由があるとかではない。日々自分のなかにわき起こる感情を意味のあるものとは思えず、なぜ私は物事をこんなふうに感じてしまうんだろうとか、もっと人に何かできるのではないかと、一歩踏みだそうとするのだが迷ってしまう、踏み出せないでいる自分をもて余していた。

 通い始めて半年間位は、ずっと先生と話をしていたと思う。残り時間が10分とか15分になり、施術を受けていたと思う。何がどう変化したのかは今もきちんとは説明できないけれど、私の行動は大きく変わった。少しは人のために役立つこともできるようになった。

 まず、一番良かったのは、自分のなかにある感情を否定しなくなったことだ。“ありのままで良いんじゃないの”と思えるようになったこと、自分で“まんざらでもないんじゃないの”と思えることだ。 




お喜びの声をいただきました

7年前から治らない腕の痛み、バネ指、みぞおちの不快感、胃のもたれ感、片頭痛、夜間頻尿、
幼少期のトラウマ、職場上司によるパワハラによるトラウマ、などR.Hさま(40代 女性)

 仕事のストレスから7年前に左腕の痛み(上腕骨外側上顆炎)とバネ指を発症しました。当初は、ただの腱鞘炎だと思い自然に治るだろうと放置していたところ、コップを持つのも辛いほど、左腕は痛み、バネ指も悪化するばかりで痛みに耐える日々でした。整形外科に行ったところ、私の症状は、温存療法しかなく、これ以上悪化した末には手術するしかないと診断されました。

 そこで手術だけは避けたい、しないで済む良い療法はないものかと考え、ネット検索していく内「おかやま代替療法専科」のHPに出会い直感的に、ここなら治してくれるような気がして通うことに決めました。

 通いだして驚いたのは、初めの2・3回目で左腕の痛みが半減したことです。その後の通院で、痛みの改善が停滞しているように思えた時期はありましたが、「情動記憶の処置」(過去のトラウマのような記憶・痛みの原因のような記憶にアプローチ?、と解釈しています)というのを施術してもらってから、回を重ねるごと徐々に痛みが消えていき、今では左腕の痛みは完治して、日常生活の苦痛から解放されました!

 過去のトラウマが痛みとして現れること、そのトラウマにアプローチする治療があること、そして痛みが完治したことにとても驚いています。さらにそれ以外にも、バネ指の改善、10年以上悩み続けて半ば諦めていた胃もたれが完治、寝つきが悪く軽い不眠症だったのが、すぐに深く眠れて、夜間頻尿も無し、偏頭痛の改善、身体が疲れにくくなるなど、いろいろな症状や不調が治癒・改善され、身体全体(所謂、全身)が整うような感覚を体感しています。

 また、先生の治療は、全てソフトな施術で、「こんな感じで治るのかしら?」と初めの内は思いましたが、治療方針の説明を丁寧にして下さり、理解の上で治療を進められたことが、私にはとても良かったです。

 今は、7年来の痛みからの解放を日々嬉しく味わっています! 手術でしか治らないとまで言われた症状を完治させて下さった是松先生に、心から感謝しています。ありがとうございます!





お喜びの声をいただきました

腎臓の手術後から内臓が不快な動きをする、酷い体のだるさ、舌に歯型がつく、足が異常に冷える、
強い不安感に襲われる、マインドコントロール(洗脳)されている、などY.Hさま(50代 女性)

 半年前の手術から、経過は順調といわれても、体の調子が戻らず、ひどいだるさ、口の渇き、不安感や体のこわばりなど、起きているのも辛く、もう出掛けることすらできなくなるのではと思っていました。病院ではとりあってもらえない状況で苦しんでいた時、先生のHPに出会いました。予約は2~3か月後。それまで生きているのだろうかと思いました。

 初診で、体と心の状態をすべてお話しし、先生から自律神経との関連を説明して頂きました。先生は無理やりにではなく、心の不安や体の不調から抜け出す方法を親身になってアドバイスして下さり、疑問にはすべて私が納得のいく答えを下さいました。メールでも何度も相談させて頂きました。

 私がある宗教家の方からの洗脳されていること、さらに不安を煽られていることを怒り、これからは先生が付いているので心配ないと安心させて下さいました。
「体は2~3回の施術で楽になっていくはずだけど、その方によって心を不安定にさせられる状況では逆戻りしやすい」とも助言下さり、とにかく心だけはしっかりしなければと思いました。

 何事も毅然とした態度で断り続けていたら、その宗教家の方から離れていくようになり、一年経った今、他の人達もひどい目にあってきたことをオープンに話しだし、その人から皆離れ始めました。

 体のこわばり、不安感や口の渇きなど、初めの頃にあった辛さもだんだん良くなり3か月後には車の運転、仕事への復帰、半年後には旅行、今では日常生活が普通にできるようになり、先生に感謝しています。先生の施術も、治療室の感じもとても心地よく、3回目ぐらいまでは、先生のところが世界中で一番安心できる場所で泊まってずっと過ごしていたいと思っていました(笑)。

 先生のおかげで自分を取り戻せて、新しい世界で生きていけます。ありがとうございます。




お喜びの声をいただきました

腰椎分離症・椎間関節性腰痛・棘突起障害など整形外科で様々な診断をされるも治らない痛み、
立っていても座っていても骨と筋肉が強く圧迫されるような痛み、S.Tさま(10代 女性)

 私は中学1年生でスポーツをしているときに、ちょっとした事故で腰を痛めました。何もしていなくても痛く、背骨を押すと激痛が走っていました。最初は背骨にひびが入っていたりするのかなと思い、整骨院に行ってレントゲンやCTをとったりもしていましたが、骨には全く異常はありませんでした。医師からは、しばらく安静にしておいてくださいと言われ、これ以上悪化したら腰椎分離症になるかもねとも言われました。

 それまで続けていたスポーツも中断し、学校の体育にも出られないという日々が続いていた中で、スポーツクラブのコーチに、おかやま代替療法専科をすすめてもらいました。そこで、初めて施術をしてもらったときは、これだけ本当に治るのかと思いましたが、施術後すぐに立ってみると、とても体が軽くなっていて、腰の痛みも和らいでいました。また、腰だけでなく、今まで少し痛いかなと思っていた膝や、腹痛も通うことによって改善されていきました。おかやま代替療法専科に通い施術を受けたことで、スポーツも中学3年生の引退まで続けることができました。

 もう治らないかもと少しあきらめかけていましたが、今では、ケガをする前よりも体が楽になったように思います。先生はとても優しく、説明もとても分かりやすいので、自分の体のことを理解することができました。おかやま代替療法専科をすすめて下さったコーチ、そして治療して下さる先生にとても感謝しています。






おかやま代替療法専科ビルダークリニック

〒703-8252
岡山市中区中島87-10
TEL: 086-238-4260
Mail: info@daitairyouhou.jp