本文へスキップ

自律神経失調症、うつ症状、パニック障害でお悩みの方に【おかやま代替療法専科】岡山市

ご予約・お問い合わせはTEL.086-238-4260

〒703-8252 岡山市中区中島87-10

お喜びの声②Testimonial Part2

お喜びの声をいただきました

毎朝の吐き気、ひどい倦怠感、寝ている時に両太ももが痛くなる、頭痛、右股関節の痛み、右の肩甲骨の痛み、首痛、腰の痛み、股関節の痛み、じっとしているとパニックになる、人と会うのが恐い、死にたい気持ちになる、などY.Kさま (30代 女性)

『昨年夏頃に右の肩甲骨が痛み始め、最初は気に留めていませんでしたが、1ヶ月たったある朝、右首〜腰にかけてひどい痛みを感じ、吐き気で仕事にも行けなくなりました。整形外科でレントゲンを撮っても異常なし、整骨院やカイロプラクティックを3件まわりましたが、良くなるどころか太ももや股関節など、痛い箇所がどんどん広がっていきました。

仕事だけでなく、首を少し曲げるだけで痛みが走るため、本を読んだり、友人と飲みに行ったり、今まで普通にしていた事が何も出来ず「何のためにいきているのだろう」「死にたい」と考える日々が半年続きました。

そしてインターネットで以前から気になっていたこちらのHPで「何をしても改善されない症状でお悩みの方」という一文を見つけ「お喜びの声」のページで自分と同じ様な症状の方が改善されたと書かれていたので、思い切って予約をしてみました。

最初の2〜3回は「よくなったかな?」位で、それでもまだ気になる箇所が沢山あり、施術の後に先生に何度もメールをして、相談に乗っていただきました。通い始めて1ヶ月程たち、友人と普通に遊んでいても体の痛みが気にならない程に回復しました。その後2週間〜1ヶ月に1回の間隔で通い、半年程たちましたが今ではほとんど気になる痛みはありません。

これを読まれている方には「本当に良くなるだろうか?」と不安でいっぱいな方も多いと思います。私もそうでした。でもきっと良くなり、日常を取り戻す事ができます。半年前なら、こうして普通に座って長い文章を書くなんて絶対できませんでした。皆さんの辛い症状も少しずつ、きっと良くなると思います。』





お喜びの声をいただきました

円形脱毛症、極度に体が疲れやすい、バランスが崩れている感覚、左肩が痛だるい、
脚のだるさ、腰痛などN.Hさま(40代 男性)

『2017年の2月頃に10円玉ぐらいの円形脱毛症が後頭部に発見されました。年齢的にも40代半ばを迎え、ますます仕事も忙しくなっていく中での発見でしたが「すぐに円形脱毛症も快方に向かうだろう・・・」という楽天的な考えで当初は生活を続けていました。

しかし次第に脱毛症は大きくなっていき、4月頃には卵くらいの大きさの脱毛症が2ヶ所にも増えていました。

営業職ということもあり人前に出ることも多く、後頭部でしたが円形脱毛症が気になり、商談に臨むことも出来なくなり、散髪に行くこともできず、誰にも相談する事が出来ない苦しい日々が続きました。

当初は病院(皮膚科)に通い治療を行っていましたが、円形脱毛症の範囲が大きくなる一方でした。また、病院での治療はステロイド系の塗り薬を塗り続けるというもので、いつ快方に転化して行くのか不安な日々が続きました。

そんな時、古くからの友人に円形脱毛症の事を相談した時に、この代替療法の事を教えていただき、すぐにHPを確認して予約させていただきました。すぐに予約を決断できたのも「おかやま代替療法専科」のHPを確認し、多くの喜びの声を読ませていただき、ここなら何とかなるかも、、、という期待からでした。

初診の時に是松先生には私の症状について多くの話を聞いていただき、またその私の症状についてホワイトボードを使い、多くの説明をしていただきました。その説明が明快であった事を今でも記憶しており、安心してその後の施術に入る事ができました。

私もそうでしたが、代替療法という治療についてどのようなものであるか不安に思われている方も多いと思いますが、基本は脳の機能と自律神経を、軽いタッチでゆすって整えていくというもので、何も心配はないものでした。2〜3回目の施術辺りから円形脱毛症に薄い毛が生えてきて、それから何度か通わせていただきましたが、今現在は完全に円形脱毛症も完治しました。

円形脱毛症を治療する中で、その他の体の不具合が気になる箇所についても色々と相談させていただき納得の説明を受けて、その施術も受けてきました。今では以前より気持ちも軽く前向きな毎日が過ごせるようになり、充実した日々を過ごしています。

本当に先生に出会えて良かったと思っています。
引き続き何かあればご相談させていただくと思いますが宜しくお願いいたします。』




お喜びの声をいただきました

偏頭痛、起立性調節障害(OD)を伴う不登校、腹痛(過敏性腸症候群)など
K.Nさま(10代 男性)のお母様より

『高校1年生の11月初旬から、朝頭痛で起き上がることができず、学校を休む日々が続きました。いろんな病院に連れていってMRIなど検査しても、なんの異常もありません。「まあ、ただの片頭痛でしょ」と言われるだけでした。

毎日毎日、午後3時頃まで寝ていました。夕方には元気になって「明日は学校行くから」と言っても朝になると頭が痛く起き上がることができません。そんな日々が続き、あっという間に2カ月過ぎていきました。

進学校なので欠席日数や単位が気になり、1~2月は休みながらも半分くらいはどうにか登校し、進級することができましたが、無理がたたり3月には、たまに部活に行くくらいでした。

始業式が始まり、2日間行って安心したのも束の間、また休み始めました。
知り合いから"おかやま代替療法専科"を勧められました。
前から、ネットで見ていてすごく気になっていたところだったので、すぐに電話しました。

先生の電話での対応もすごく良く「そのような症状の方でも治りますよ!」と、心強く言ってくれました。今すぐにでも診てもらいたかったのですが、1カ月以上待ちでした。
その間、私は「お喜びの声」を何度も読み勇気をもらっていました。

その後の息子は、相変わらず朝は眠り続け、土日すら起き上がることができず、ココロも悪化しているような感じでした。私もパニックになり、不安な気持ちを先生にメールしました。まだお会いしたこともないのに、親身に相談にのってくれました。時には厳しめの言葉で目を覚まさせてくれることもありました。

やっと診察の日が来ました。とてもポジティブで感じのいい先生で、私達親子で元気をもらい、帰りの車の中でも2人ともテンション高く会話も弾みました。診察から4日ほどたった頃から、頭の痛さも半分くらいになっていました。

一週間後の2回目の受診後から、起きる時間も9~12時くらいの間と早くなりました。気持ちもだいぶ前向きになっていきました。それから一週間後の土日、2カ月ぶりに朝、フツーに起きて、部活の試合の応援に行くと出ていきました。もう、ビックリです!その後、停滞期が2週間続きました。やっぱりダメなのかなぁ…と正直思っていました。ところがなんと、修学旅行の4日前、自ら起きて時間通りに学校に行くことができたのです。

そして、修学旅行に行くことができました!!!

私の最初の目標は、とりあえず修学旅行に行かせてあげたい!ということでした。
先生は、修学旅行の2~3日前に学校に行って、その流れで修学旅行に行けたらいいねと言っていましたが、まさに予言通りになりました。

手厚いメールや電話でのフォロー、困っている人を助けてあげたいという先生の気持ち、そして気休めじゃなく根拠のある「大丈夫ですよ!」の言葉に何度も救われました。

そしてなにより、母親である私の心まで、軽くポジティブにしてもらえたことがうれしかったです。


最初の受診から、たった1カ月で学校に行き、修学旅行にまで行くことができたのも、先生に出会えたおかげだと思います。先生には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。』


おかやま代替療法専科ビルダークリニック

〒703-8252
岡山市中区中島87-10
TEL: 086-238-4260
Mail: info@daitairyouhou.jp